ろくしきボックスの無意識な日記

久津葉六識がいろいろと思ったこととか報告を書いていく。

思考回路。

僕はこの世界のすべてを数的に捉えているように思う時があるんです。

五感で捉えるもの、意識の中のもの、外界を構成するすべての要素、時間的なもの、因果や運命、宇宙の仕組みそのもの、とにかく何もかもをどこか「歯車を噛み合わせてみたら宇宙になってしまった」のようにできているのではと疑うことがしばしばあるのです。

その歯車は一つや二つ、あるいはもっと多数のものが欠けてしまっても成立する、きわめて曖曖昧なルールに従って、あるいは従わずに動き続けるファジーなものでしかなくとも、ただそこに在るだけで回り続ける複雑怪奇な異常ともいえる数式。

あるいはプログラム。

同義だろうか。

その中において自分一人が空転しているような頼りない虚無感、そんなものが錯覚でしかないとしても、自分という意味のなさを自覚しながら生きていく空虚な感覚は、今のところ拭えていない。

その感覚(クオリア)さえも単なる電気信号のパターンでしかなくて、その現実にさえ辟易もしない壊れ具合は、やはり世界の中では普通の部類に入ってしまうほどにありふれた考えなんじゃないのか。

確率的にそういうものでしかないのでは、そう考えて堂々巡りになってしまうのが最近の僕なのです。

 

虚無感。

それが根源的なものであるのなら、昔から感じていた「どこか醒めている」自分の在り様にも説明はある程度つくんじゃないか、と考えてみたりするのだけど。

書きたい衝動、というものが僕にはある。

けれど、何を書きたいのか、という考えは僕の中には無い。

表現したいもの、事柄、心情、定理、感覚、教訓、そんなものが僕の中には何一つとして存在していない。

ある程度それを仮定して書くことはできる。表現の方法も手段も知ってはいる。

でも、僕の精神には決してそれは馴染むものではないのだ。

好きとか嫌いとかいう感覚も曖昧で、実際にはほとんどすべてのものが自分にとってはどうでもいいものでしかない。

僕が頻繁に周囲の状況を窺っているのは、単に自分に害をなすものが来ないようにという恐怖感から来るものなのだが、その恐怖さえ、どこから来ているのかもよくわからない。

確かに死にたくはない。

生きていたいと思う本能はある。

それでも必死になって生きる理由がまるで見つからないのだ。

 

全く。

何もしないで生きていきたいわけではないのだけれど、自己満足だけで生きていけるくせにその満足が来ないという底なしの容器。文字通りに壊れているのだ。

いや、壊れているというよりは初めから欠けているような。

感覚したことがないから判らないけれど。それが普通であるという感覚があるのならば。

虚ろな生き方で何も得られないのだろうか。

ならば僕は何をすればいいのだろうか。

クリエイターにもアーティストにもなれやしない自分の資質のなさを自覚しながらそれでも指を動かし続ける憧憬者未満の書き手の中に、何を見出せばいいのか。

…………実は成功しているクリエイターやアーティスト、そういうものに対する嫉妬なんてものは一つも持ち合わせてはいない。その人は関わりがないと切っているか、遠巻きに見ているだけなのだ。

熱くなれない、というかあまり心が揺らがないのは安定ではなく。

人生を諦めきった自分の心が半ば死にかけているからなのではないかと思い至っている。

統合失調症であるそれ以前に。

空っぽであることを自覚していることを誰にも言ってはいないのだが。

病院で感情が薄いと言われていたことがあるけれど、それこそが僕の本質的な姿なんじゃあないのか。自閉症的な在りようともいわれたことはあるが、確かに僕の興味は内向きに閉じている。

奥底が見えないのはなぜかも知らないけれど。

 

僕は小学生の頃、家でクラスの人の話をしていたらしい。

正直言えば憶えていない。

最初から信用していない母親の言葉を鵜呑みにするわけもないし、向こうの錯覚だろうと思っている。

そもそも僕は他人にあまり興味がない。

無い、というと言いすぎかもしれないけれど、そこまで深入りするような人格ではなかったし、現在でもそうであると言えるだろう。

近付いてくる人には普通に接するし、よほどでなければ拒否もしないだろうけれど、それでも相手の核心部分には触れないように、それ以前に自分から近寄ったりしないでいた。

距離を置いていた。

パーソナルスペースが異様に広いのだ。

先述したとおりに、僕は周囲の人間を遠くから眺めているだけの存在だ。

だから、大半の人の意識には入っていないだろう。

一人で過ごすことに慣れきっていて、それを苦痛とも思わないのは、そういう理由があるからだが、別に一人でもいいというだけで、独りが良いとは一言も言ったことはないのだけど。

容易に自分を開けっぴろげにしないからこそ、誰にも理解されないのはわかっている。

でも、理解されようと思っていないことは確かなことなのかどうか、よくわからない。

少なくとも、僕自身は隠したいことなどあまりない。

万引きで捕まったことがあるとかそんなもんだ、隠してないな。恥だけど。

それくらいには隠したいことがないのでは、なんとなく辻褄が合わない。

恥とか、そういうものではなく、もっと根本的な何かがあるのだけれど、今の自分の思考能力では理解はできない。

ただ、現時点で必要以上に人を好く理由も嫌う理由もないのは確かで、だから近づいたり離れたりもしないのだろうとは思うのだ。

 

 

………………………。

そんな風に、自分の負の部分や根源的な部分を振り返ってみた。

最近はあまり面白くない生活が続いているので、こういう部分を直視してしまいがちなのである。

悪い癖だが、しかしどこかで向き合うのも一興だろうとこうして書いてみたのだ。

飾り気ない文を書いてしまうのは癖だけど、それもこういう時はいいのかもしれない。