ろくしきボックスの無意識な日記

久津葉六識がいろいろと思ったこととか報告を書いていく。

新人賞に落選したのでAmazonにぶん投げました。

まあタイトルの通りなんだけど。

電撃大賞の一次選考結果が発表され、見当たらなかったのを確認した直後に改稿したバージョンの「蒼空の終焉線」をkindleストアに置きました。

 

まあ、使い回していた時点で望みはほぼ無かったので、投稿した直後に改稿版を書き始めていたんですけれど、その分量が電撃大賞のフォーマットで224枚になったものだから、これ以上は投稿できないと判断したまでです。

電撃大賞の上限は130枚)

 

というか、ストーリー全体を大きく見直して主人公とヒロインの関係性を重視する方向に書き直しているので、多分投稿版と違うものになっているはず。

まあ初稿を公開するつもりはありませんが。

 

とりあえず時間が経てばエブリスタにも投稿する予定ではあるのです。

一次落選じゃあ、選評も貰えないからなあ、しょうがないけど。

 

kindle版はUnlimitedなら無料で読めるので、読んでみてほしいのです。

基本的な売価は300円に設定されているのは仕方ないのです。ロイヤリティ70%にするには250円以上じゃないと駄目らしいから。

 

「蒼空の終焉線:蒼の少年と風の少女(Endline the Sky:Mighty blue and Sylpheed)」

https://www.amazon.co.jp/dp/B08FDGCXCF

こんなタイトルで本当に大丈夫なのかは知らないけど、まあ格好つけたかっただけなので許してください。

英語タイトルは適当な上に日本語版(Amazon.co.jp)では表示されないので意味のあることかはよくわかりません。

 

いいけどね。

とりあえず次の応募作を書こうかと思うんだけど、暫く気力が戻りそうにありません……。落ち込むのは仕方ない。そこまで図太いキャラじゃねえもの。