ろくしきボックスの無意識な日記

久津葉六識がいろいろと思ったこととか報告を書いていく。

いきなりキーが高いから困る。

エフエム青森の「ウチカツキャンペーン」のCM冒頭でやけに高い声(聴く限りは子供の声)で「ウチカツ」という言葉が流れるのだけれど、その声が流れるたびに脳内に嫌な感じで響いてくる。

なんかいんいんと揺さぶられるような不快感。

別に子供の声が嫌いとかそういうことじゃないんだけど、前後の番組やCMのトーンとの差が激しいので脳がついていけない感じだ。びっくりするし、なんとなく寒気が走る。

 

僕だけだったら別に問題にならないことくらいわかっているけれど。

家にいると常にラジオがついているから、聴きながら作業するんだけれど、そのCMだけがちょっとだけ不快になるのが困る。

実際には、冒頭の声だけにその感覚があるんだけど。終わりの方の声には特に何も思わないのは何でかなあ。

 

普通に成人の声でいいと思うんだよね。

こうやって書いている間にも何度も流れているんだけれど、そのたびにびくっとなるから困るんだ。

 

キャンペーン自体は普通に悪くないコンセプトだとは思うのに、CMだけが気になってしまうのだ。