ろくしきボックスの無意識な日記

久津葉六識がいろいろと思ったこととか報告を書いていく。

人生なんて暇潰しだろうに。

しなければならないことなんて存在しないし、しなくてもいいことなんて溢れすぎていて。どうにも僕には世界そのものが単なるジオラマにしか見えないんだよ。

生きたいから生きている。それだけの話だろうと問うてみたいとは思うけれど、思うだけ。こんな人生観は押し付けたくもないけれど、しかし心底では厭世的な中二病めいた考え方が染みついて剥がれないのだ。

生きること自体がどうでもいいとか、クソ雑魚い自殺願望とかじゃあ決してない。寧ろそことは相反する、生き方の問題だろう。

どう生きたい。

何故生きたい。

質問されたなら、そんなことはどうでもいいと答えてしまう。理由なんか無いんだよ、当たり前のこととは思わないけれど、世界全体を俯瞰して、絶対的な理由もまた存在してはいない。

 

生きるなんて、平等だし。

 

生きるのは死にたくないから。でも、死にたくないなら生きているうちに何がしたいの? 理由って、そんなもん知らないと答えるんだ。

「これをするために生まれてきた」そう答える人間は、大抵は生まれ持っての意志ではない筈だろう。カルト宗教じゃないんだから、理由って大体後付けなんだ。

選択して生きることの延長線上に人生がある、それだけの事で。それはただ、与えられた膨大な時間をどのように使うかを思案しているに過ぎない。

生まれた瞬間に与えられた数十年の空白は、それをして「暇」と言い換えられるだろうけど。

 

人生はゲームだって、そんなん当たり前だろ。

 

ランダム要素が強いからこそ、価値観を形成する環境が多様なだけで。

日本人として生まれたなら、まあ国民の義務ってものがあるのは皆当たり前に知っているはずだとは思う(学校で習うからね)。勤労、納税、教育。このうち教育は「子供に教育を受けさせる義務」のことだから、独り身の僕には今のところ関係ない。

義務以外のところで、人生って規定されてないよね(日本は自由度高めだから、判りやすいだけ)。

何をしなければならないって、誰が決めるのか。そんなん自分しかいなくて。

というか、実際「勤労」についても明確には規定されてないんじゃんとか思うんだ。でなければ就業形態が多様化するわけもないじゃんね。実際のところ、目に見えて果たさなければならない義務って「納税」だけなのよ。

 

働くってなんだ。

それすら自由なら、僕はもっと自由なことしていい筈だろうに。

病院でそういう話をして、働くことを考え始めたとき、周りの人間が「職場という場所に通って一定時間拘束されて何やら作業をしていること」を前提に考えているのがね。はっきり言って疑問でしかないんだよね。

僕自身の性質から見れば、そういうのが難しいことくらい考えるまでもなく解るから、そこを前提にするのは止めてもらいたかった。

無感動な僕でもおかしいと感じるんだ。単に自分の性質に合わせて選んでいるのに。

 

金を得るための義務でも、最終的には時間の空白を埋める為の行動でしかない筈なのに、それを人生の中心に据えることは本末転倒だろう?

選択の余地というか、目指すものがあるのに横槍入れられてもねえ。それ以前に生きていることなんかどうでもいいのに、そんなことで真面目になるとか馬鹿じゃねえのって幼稚な僕は思う訳で。

 

暇を潰すには目的が必要だけれど。

別に僕には目的なんて無いし。

 

折角なら楽しいことしたいってだけで、その遊びが仕事になるパターンって、今時珍しくもないだろうに。そこを否定されるのは我慢できないな。

超えられたくないラインだよ、つまりは。

 

別に理想を語っているわけでもない。

上にも書いた通り、環境を選べない人間だっているのだと知っている。受け入れたり、抗ったり、その中でも行動を起こす人々は居るけれど、それもまた選択の一つでしかないんだけどね。

総合的に人生に意味がないってのは、単に僕だけの人生観でしかないから、押し付けたりはしないよ。

 

なんだかんだで、何も無いのが人生だと笑っているだけのこと。

どうしたって、何も残せないのが人間だと嘲笑っているだけのこと。

目の前には、まっさらな遊び場が広がっているだけ。

そこに何を置くのかな、と思案するのが人生なんだというだけ。

平等に自由で、平等に不自由なだけ。

全員が主人公で、全員がモブキャラ。そんなゲーム。

懊悩するだけ無駄だよ。こんな世界。

 

うーん。考えつくままに書いたらよく解らないぞ……?