ろくしきボックスの無意識な日記

久津葉六識がいろいろと思ったこととか報告を書いていく。

私事

性欲を持て余して集中力が乱れる。

創作に関する雑感です。 僕は小説とイラストと音楽を並行してやっているんですけど、その時に厄介になってくる問題がそれなんですよね。 それぞれの創作に向かい合う時、モチベーションも重要なんですが性欲の持たせ方が全部違うので、はっきり言ってすごく…

作り続けていれば否応なしに変化していくでしょう?

ふと思い立ってイラストの描き方を思いきり変えてみました。 最初は練習であるWebページを見ながら真似してたんですけど、全く想像の通りにならなくて、というか完全に想定しない描き方に変わっていって、「あーもうこれでいい」って完成させたら案外それ…

人間語ってなんだ?

昔のことを思い出すことがあって、そのことが印象にあるんだけど。 何というか、母親と話していて意味の通らないことを言ったらしいときに(僕の中ではちゃんとロジックは成立しているが)、「人間語がわからないのか」みたいなキレ方をされることが時折あっ…

いきなりキーが高いから困る。

エフエム青森の「ウチカツキャンペーン」のCM冒頭でやけに高い声(聴く限りは子供の声)で「ウチカツ」という言葉が流れるのだけれど、その声が流れるたびに脳内に嫌な感じで響いてくる。 なんかいんいんと揺さぶられるような不快感。 別に子供の声が嫌い…

行動指針。

いつまでも何をして生きていけばいいか判らないままだ。やりたいことは有るけれど、それを職業としていけるのかという不安もある。もともとはもっと空っぽだったから、今の選択肢の多さには変わったかな、と思えるけれど、しかしそれで僕が何か出来るかとい…

落ちた。

講談社ラノベ新人賞に送っていた作品が落選しているようだった。仕方ないけれど、結果は結果だものね。まあ、他のどこにも送れない分量だから、全部書き直してどこかで公開しようかな。 まあ、内容的にも結構滅茶苦茶にも見えてきてたし、妥当なのかもしれな…

色々とやっていく。

二か月間、ずっと音楽作っていたんだけれど。構想した分が終わったからYouTubeにアップロードしておいた。五十分近くあるけれど、まあ見てもらえるとは思っていないよ。 同時にBOOTHでショップ「ろくしきボックス」を開設、投稿した動画の「Horizon Viewer(…

ローカルのトランプゲームらしいって聞いた。

青森県在住の僕なんだけど、県南でよく遊ばれているらしい「ストップ」というトランプゲームがローカルのものだと知ったときは、へえと思った。 父親はストップではなくゴニンカンというゲームを教えてはくれたけれど、正直よく解らなかったところがある。津…

雑なんだよ、なんもかんも。

思ってしまうことはさっさと吐き出した方が良いだろうと、キーボードを打っているわけだが。 僕は十八の頃からj研というサイトで音楽、所謂「着メロ」というものを投稿している。大体現時点で四十作品くらいだ。 初期はフィーチャーフォン向けの作成アプリ(…

全力出して負けたなら受け入れられる。

別に何に敗けているのかもようわからんけど、自分自身に敗けているならそれは単なる堕落だね。 応募した小説が一次審査を通過した段階でこれを書いているけれど、正直あまりテンションは上がっていない。単に日本語として問題なしと判断されたんだな、くらい…

人生なんて暇潰しだろうに。

しなければならないことなんて存在しないし、しなくてもいいことなんて溢れすぎていて。どうにも僕には世界そのものが単なるジオラマにしか見えないんだよ。 生きたいから生きている。それだけの話だろうと問うてみたいとは思うけれど、思うだけ。こんな人生…

ふと聴きたくなる。

高校生の頃にラジオから流れた楽曲が気に入って、その曲のクリエイターを見ていたのだけれど、最近は全然曲を出してなくてうぎーってなってる。 学生の時は頻繁に聴いていたから、今でも思い出したように聴いている。時期的には米津玄師(当時はまだハチ名義…

思考することが増えてきたのはいつだろう。

恐らく統合失調症と診断されてからの七年間の方が色々なことを考えていると、自分では思うんだ。 それまでの僕があまりに幼稚すぎたのだろう、それとも人生そのものを楽観的に捉えすぎていたのか、目の前の事象に対してさえ、思うことが無かった。 記憶の中…

水道水美味しい。

良いよね、水。 ずっと地元の水の味に慣れきっていたせいか、専門学校の頃の仙台市の水道水が口に合わなくて飲めなかった。変な味がするんだよ。結果的に慣れることなく帰ってきたわけだけれど。 そんで一人暮らし始めようってなって市内の施設を出たとき、…

無理なものは無理だって。

生活リズムが少しおかしな感じに固定されつつあるのです。 起床が九時あたりになるのは仕方のないことだけれど、それではデイケアの開始時刻に間に合わない。まあ、ギリギリになっても間に合うように起きれるんですけれどね。 就寝時刻が遅くなるのは考え物…

環境を整えるということ。

住所を変えてからおよそ一か月、PCをはじめとした機器を購入して作業環境をおおよそ整えられたという感じ。まあ、完全に作業に集中できるような生活リズムを確立できていないので、暇を見て、って感じですが。 正直、もうデイケアに通う意味がなくなっている…

タイトルが無いと内容が固まらない。

書きたいと思う作品の大体がタイトル先行型。そうでないと作品の指針が定まらない。まあアイディアがあるからってそれを全部かたちにできる時間があるわけでもないのだけれど。 とりあえず書きたいなーって思っている作品の概要は作ってある。今の生活じゃあ…

放置しすぎた。

なんていうか、暫く忘れていたよ……。 ここをほったらかしている間に書いている小説が二話目に進んでいるし。 書きたい話が色々と溜まってきていてその整理作業にも追われている。構想ばっかあってもねえ。 書きたくて堪らないのだから仕方ないのかもしれない…

意味なんて無くてもいい

この世界の大概の事に意味なんて無いんだから。 なんて。 小説作品に意味を持たせようとして失敗した人の言い訳かな、これ。別に大したことはしていないし、どうしようもないことを頑張っても駄目だよね。 考えることをやっていると定期的にこんな思考に陥る…

運が良いのではなく悪運が強い。

基本的に努力が嫌い、努力を強いられるのがさらに嫌い、深刻なレベルのソリストである僕は努力を努力と感じない生き方を好んでいる。 その結果が精神障害なんだから救いがないとか思う訳ではなく、むしろこれから一人で生きていくための下地が整ったという感…

初めてみる。初めまして。

ひっそりした場所でちょいちょいと小説やらイラストやらを描いている影無六識(かげなし・むいしき)です。 もういい年した大人だけれど、精神がまだ大人になりきれていない感じ。変わっていこうと思っています。 もっともっとと貪欲に生きたいなーとか。