小説書くの楽しいからやめられないんだ。

結局、作品の構成を見直すことにしたわけで。

RebirthIの長さが冗長になりすぎてしまったから、それぞれを独立した話にしないと読みにくくて仕方ない。

もともと、一ページ千文字制限のもとで書いていたものだから、それを利用した書き方になっていたんだよねえ。

その制限が無くなったのなら、そこに拘泥する意味はもう無いのだ。

 

初めは「空の境界」のような複数話をまとめるかたちを目指していたけれど、分量を考えれば、分けて書いたほうが良いようだ。

何度もリライトしていると、初期の頃の衝動的な表現が消えていくのが残念な感じだと分かる。

正直、初期のアカウントで載っけていたのを読み返すと、結構勢いがあって読みやすいんだ。

基礎的な語彙力は今の方がいくらか上だろうとは思うけれど、勢いというかなんというか、何かが足りないように見える。

だからといって今更変えるわけにもいかないけどね。

 

新人賞応募用の原稿を書き上げたばかりだけど、次の作品を既に書き始めていたり。

取り敢えずは数を重ねていかないとなー。

蒼空の終焉線は使い捨ての作品にしたくないけど……。