思考することが増えてきたのはいつだろう。

恐らく統合失調症と診断されてからの七年間の方が色々なことを考えていると、自分では思うんだ。

それまでの僕があまりに幼稚すぎたのだろう、それとも人生そのものを楽観的に捉えすぎていたのか、目の前の事象に対してさえ、思うことが無かった。

記憶の中にある行動の記録をなぞり直しても、そこに自身の思考による行動があまりに少ないことに気付いた。

 

要するに主体性が無かったと考えられるんだね。

 

明確に自分の意思を行動基準の上位に持ってこれたのは、統合失調症になって暇を持て余したあたりからだった。そのころには本を読んだりして、漸くそれなりの思考に耐えうる知識量を身に着けていたのだ。

 

高校一年の頃、ある時点でアンケートを取られたことがある。そこに書かれた質問の一つに「どこへ行きたい」というものがあって、僕は意味が解らず「どこへでも」という謎の回答をしたんだよね。

当然怒られた。どうやらその質問、進路について訊いていたらしく、進学先の希望を求めていたのがその時に判った。

正直なんも考えずに書いていたし、その頃は進路について明確なビジョンなんてものが無かったものだから、めんどくせーなーとしか思わなかった。

後から考えれば質問の仕方が悪いことに気付いたんだけど、あのハゲはそこに気付かなかったんだろう。今言ってもしゃあないけど。

最初から「希望する進路は」って書いとけクソが、そう思ってもどうせその時の僕にはそれに対する回答なんてものは持ち合わせてなかったんだけどさ。

 

僕は割と場当たり的に現実に対処するものだから、そのままでいたらジリ貧になっていつか破綻することは目に見えていたんだ。

クリエイターを目指すと考えても、その時は曖昧で茫洋とした将来が考えられずになんとなーく絵を描いてなんとなーく遊んでいただけだから、結果誰にも理解しえない誰かでしかない。

 

思考すること自体が自分自身の証明である。

 

使い古された言葉を実感したのは、結果大人と呼ばれる年齢になってからなんだね。

考えることが多いのはあったけれど、それをカタチにしようとしたのが「小説」という形態で作品を考え始めたころだったんだよね。まあそれ以前の思考は明確なストーリーのイメージが無いただの空想だから、それこそ考えて終わりなジャンクパーツのような思考の欠片でしかなく。

統合された作品としての構想を練り始めたのは専門学校の終わりごろ、エブリスタに作品を投稿し始めた辺りだった。

 

正直コミュ障の僕に普通の環境で働くことが難しかったから、一人で完結する同人作家というのは向いているのかとも思っていたけど、そうもいかないのはまあお約束だね。

最初、自分では対人恐怖症だと思っていたのだけれど、親に話したら一笑に付された。「最悪だなおまえ」本気でそう思った。そうでないと言い切るのなら、一体僕の何を見ていたんだと詰りたい。

面倒だからしないけど。うちの母親って認知バイアスかかってるし、言うだけ無駄かな。僕からしても言動がやや異常だし。

 

例を挙げると、実家に猫がいたけど、その猫をボックスに閉じ込めて放置して、小便漏らしてしまうのを叱るとかいう頭の悪い行動さらすんだ。わけわからん。

他にも「生まれて一年の猫は一歳の人間の子供と同じ」とか意味不明としか言えない持論を展開したこともあったっけ。ちょっと頭の程度を疑うよ。

知識不足って怖いねー。何のためにPC持ってんだよアホか。

 

そういうことを考え始めたのも、地元に帰ってきてからなんよなー。

いろんな意味でポンコツな僕が出来ることはもう限られているから、そこを目指すしかないのよね。考えた結果、そんな風な結論に至ったわけで。

 

 

目標は、「なるべく早いうちにプロ作家になる」かな。

こうやって追い込んだ方が良い気がするから、書いてしまうよ。

 

 

 

 

個人サークル「ろくしきボックス」を立ち上げたばっかなんだけどなあ……。