可能性と限界。

イラストを描くことに関して、自分の能力がほぼ頭打ちになったような気がしてきた。これ以上は画風の変化があっても、根本的に画力は改善できないかもしれないと思い始めているのだ。

 

そもそもが平均より低い位置から始めているのだから、頂点というものも低いのだろう。限界点を見極めることができたと言えるのかもしれない。

本当に絵のうまい人なんてものはそこいらじゅうに腐るほど溢れている。僕より年齢の低い人で巧い人はいくらでも見つけられる。

 

じゃあその中で腐らずに何ができるのかを考えなくてはならないだろう。

所謂「戦略」というものか。

 

能力そのものの伸びが鈍くなってしまっているなら、別の能力を伸ばせばいい。もう若いとは言えない年齢なのだから、限界を冷静に理解することが肝要だろう。

スランプか限界かは感覚で判る。

 

学生の頃は今より未熟だったのは当然だけれども、卒業した後も実際のところ画力自体は伸び続けていたのだ。学生期のイラストと比べればそれは瞭然だ。ただ、それは技術の熟達を意味しないことも知っている。

 

根本の能力と付随する技術の差が明らかにズレているのが自身の作品に漂う安っぽさの原因になっているように思えるのだ。

 

イラストは能力でも技術でもなく技能だ。両方が無ければ成立しない。それがもう伸びないのであれば、別の道を選ぶしかない。

もともと漫画の描き方を習っていたこともあり、イラストといっても一枚絵は苦手だ。独学で進めている小説の要素が混ざり、コマ割りをした絵になることが多くなってきている。

 

元々がストーリーありきで書かれることが多い。最初からそれが前提条件だと自覚している。つまり、設定を裏に作るために一枚では意味の伝わらない絵であることが多いのだろう。

 

漫画を描けよ、と思われるだろうか。しかし、それさえ僕には不可能だったのだが。フィールドを小説に移したのも、自分の描きたいことを最大限自由に描くためのことだから、それ以上にうってつけのメディアがあるのならそっちに移るだろう。

 

アイディア。自分の中に渦巻く混沌から何かを掬い上げればそれは何かの形をとっている。それを最適化することを考えることが多くなった。それさえも自身の能力を最適化するプロセスなのだ。

 

限界を見てしまった以上、そこから派生する能力を伸ばせばいい。ただそれだけのことで、天才といわれる人間たちができる一点突破は凡人にはできないのだから、そういうものを分けて考えるのが当たり前ではないだろうか。

 

無限の可能性、才能の限界。どちらも僕にとっては残酷だ。

 

結果、器用貧乏だからね。

楽しいから止めないんだけれど、それでも向上心は人並みにはある筈だ。