忘れやすい性質の意味。

忘れ物の多い人生でした。

なんてね。人間は忘れる生き物というけれど、僕の場合は少し度が過ぎてるように思える。忘れ物なんてのは学生の頃はよくしていたし、学校で習うことも基本的には興味が無いので憶えることはしなかった。それはそれでどうだっていいんだけれど。

 

人生において重要なファクター、今の人格を形成した出来事が思い出せない。

「捻くれたソリスト」になった理由が解らない。環境的に親の影響が一番強いのだろうことは振り返れば判るのだけれど、決定的な理由とは言い難い。

「一人でいい」でなく、「独りがいい」と思うようになったのはいつだろう。そもそもが人間嫌いだったわけでもなく、幼少期は単なる人間不信だった気がする。

信用できる存在が居ないことは、問題だろう。

 

そんな外れている奴が何で専門学校まで行けたのかというと、やっぱり忘れっぽい性質があったからだろう。まあ、他の生徒とは殆どコミュニケーションを取らなかったから、一人で勝手に学校行ってたくらいの感覚だった。少人数だったし、あそこの講師はある程度信用できたから、学校生活の中では楽しかった方だったな。

一時的に人間嫌いを忘れていたという感じか。

 

やっぱりそこを出てから家に戻るべきじゃあなかったと、後悔したのだけれど。

とにかく母親との反りが合わないから、関わりたくもなかったのに、中途半端に出しゃばってくるものだから苛立ちが募っていた。

 

「忘れやすくとも忘れられない、決定的な出来事」も、母親か多分弟妹のアホな行動のせいだったし、あれは絶対に忘れてはいけないことだなあ。

 

僕にとって忘れることは「興味がない」「必要が無い」「断ち切りたい」と、まあ人間の脳の構造的には多分普通の要因で忘れることが多いのだろうけれど、その記憶も何故か虫食い的で、問題に対して向き合っていないような感じがする。

 

一番の問題は自分自身にしかないんだけれど。

と、自身を責めるのも病気的だなあ。

 

気付けば、忘れるというより無視していると言う方が的確な気もする。都合が悪いことを忘れるのも自然なことだし、傷つかないように生きていくことはできないからこそ、忘れるのだろう。

 

だからもう、家を出たとき、家のことを忘れるというより「切り捨てた」ようだ。いつまでも意識に残すのを嫌がっているから「家に戻らない」という選択をしたと、感じる。

多分、僕はもう実家には戻らないと思う。記憶さえ不必要だし。一応、父親との繋がりはあるし、完全に切れたわけでもないから(時間の問題だろうか、父親も若いとは言えない年齢だし。働いてはいるけど)、そちらの情報は入ってくるけれど。

 

「精神的な孤独」に耐えらえるのは心が強いからではなく、そもそも失うものが無いからという絶無感からきているような気もする。自分本位にならざるを得ないから、自分を大事にするだけで、周りに人がいるとそっちに意識が行くから、それさえも忘れてしまいたいんだ。

 

故に、独りがいい。

 

要らないものをいつまでも手元に抱え込む意味は無いから。

忘れてしまえばいくらか楽なんだ。

 

 

なんか、変な気分になるなあ。こういうの書いてると。