構想について。

書きたい作品のアイディアはいくつかあるけれど、それを実際に書き出そうとするとどうしてもやる気が起きない。

プロットを書く段階でストーリー構成に詰まってしまうというか、律儀にあらすじとかから書き出そうとするからなのかもしれん。

キャラクターとストーリーの方向性だけが決まっていれば準備段階で詳細なストーリーをかっちり決めてしまうのは僕のやり方にそぐわないのだろうか?

そういえば専門学校に通って漫画の描き方を習っていたけれど、プロットを細かく決めることはしていなかったなあ。いくつかの台詞と少々の説明と。その後に直接ネームで構成を調整していたから。

世界観がはっきり決まっていたからかもしれないけれど、あ、いや、その時はまだ決まっていなかったっけ? 小説作品の「RebirthI」の原型になる「危険地帯」を書いた時も世界設定をあまり決めずに初稿を書き出していったなあ。結局リライトしているけれど。「RebirthI」はつまり三度目の書き直しなんだけれども、そこでやっと世界観が固まっていったように思える。

現在新しいシリーズを書こうと画策しているところ。どこで発表しようか迷っているところ。まあ世界観は「リバーシ」と繋がっているんだけどね……。