私事

ふと聴きたくなる。

高校生の頃にラジオから流れた楽曲が気に入って、その曲のクリエイターを見ていたのだけれど、最近は全然曲を出してなくてうぎーってなってる。 学生の時は頻繁に聴いていたから、今でも思い出したように聴いている。時期的には米津玄師(当時はまだハチ名義…

思考することが増えてきたのはいつだろう。

恐らく統合失調症と診断されてからの七年間の方が色々なことを考えていると、自分では思うんだ。 それまでの僕があまりに幼稚すぎたのだろう、それとも人生そのものを楽観的に捉えすぎていたのか、目の前の事象に対してさえ、思うことが無かった。 記憶の中…

水道水美味しい。

良いよね、水。 ずっと地元の水の味に慣れきっていたせいか、専門学校の頃の仙台市の水道水が口に合わなくて飲めなかった。変な味がするんだよ。結果的に慣れることなく帰ってきたわけだけれど。 そんで一人暮らし始めようってなって市内の施設を出たとき、…

無理なものは無理だって。

生活リズムが少しおかしな感じに固定されつつあるのです。 起床が九時あたりになるのは仕方のないことだけれど、それではデイケアの開始時刻に間に合わない。まあ、ギリギリになっても間に合うように起きれるんですけれどね。 就寝時刻が遅くなるのは考え物…

環境を整えるということ。

住所を変えてからおよそ一か月、PCをはじめとした機器を購入して作業環境をおおよそ整えられたという感じ。まあ、完全に作業に集中できるような生活リズムを確立できていないので、暇を見て、って感じですが。 正直、もうデイケアに通う意味がなくなっている…

タイトルが無いと内容が固まらない。

書きたいと思う作品の大体がタイトル先行型。そうでないと作品の指針が定まらない。まあアイディアがあるからってそれを全部かたちにできる時間があるわけでもないのだけれど。 とりあえず書きたいなーって思っている作品の概要は作ってある。今の生活じゃあ…

放置しすぎた。

なんていうか、暫く忘れていたよ……。 ここをほったらかしている間に書いている小説が二話目に進んでいるし。 書きたい話が色々と溜まってきていてその整理作業にも追われている。構想ばっかあってもねえ。 書きたくて堪らないのだから仕方ないのかもしれない…

意味なんて無くてもいい

この世界の大概の事に意味なんて無いんだから。 なんて。 小説作品に意味を持たせようとして失敗した人の言い訳かな、これ。別に大したことはしていないし、どうしようもないことを頑張っても駄目だよね。 考えることをやっていると定期的にこんな思考に陥る…

運が良いのではなく悪運が強い。

基本的に努力が嫌い、努力を強いられるのがさらに嫌い、深刻なレベルのソリストである僕は努力を努力と感じない生き方を好んでいる。 その結果が精神障害なんだから救いがないとか思う訳ではなく、むしろこれから一人で生きていくための下地が整ったという感…

初めてみる。初めまして。

ひっそりした場所でちょいちょいと小説やらイラストやらを描いている影無六識(かげなし・むいしき)です。 もういい年した大人だけれど、精神がまだ大人になりきれていない感じ。変わっていこうと思っています。 もっともっとと貪欲に生きたいなーとか。