意味なんて無くてもいい

この世界の大概の事に意味なんて無いんだから。

 

なんて。

小説作品に意味を持たせようとして失敗した人の言い訳かな、これ。別に大したことはしていないし、どうしようもないことを頑張っても駄目だよね。

考えることをやっていると定期的にこんな思考に陥るので、やや困っています。

f:id:adatma91:20170806193550j:plain

意味もなく落描いてみたり。

締め切り無いとダラダラするー。

書きたい話が多くてどれから手をつけていいか判らない。

嘘です。

今は主に二つを交互に書き進めているところ。

一つはRebirthI。

もう一つは「蒼空の終焉線」というシリーズもの。終わった世界を生きる人間たちの物語。二つの世界は共通しているので(時代は違うけれど)、世界観が確立しやすいのです。

書けたら電子書籍で出そうかな、と思う所で、只管書くしかない、イラストも自分で用意しなけりゃならんのだけど。

遅々として進まない小説

エブリスタ連載中の「RebirthI」の事です。一週間に十ページというかなり緩い締め切りを自分で設定してはいるものの、本当ならばその程度、一日で書けなければ大したことないと解っているんだよね。

 

さて。ちょっと作品に踏み込んでみると、割とどういう作品に影響を受けているのかが判り易かったりします。言わないけどね。

主人公の白羽仁君は最初、かなり個性の無い凡庸なキャラクターとして考えていたにもかかわらず、現在の仁君はかなり高性能な(一般人と比べれば、だけど)パラメータとスキルを持つ武術家になっています。それでも師匠である行村実明さんには全く敵いませんが。

『外種異能・恒泉』。生命力の源である霊力が尽きない能力という割とチートとも思える体質を持っていても、身体能力があまり高くないので、異能者には簡単に負けてしまいます。それでもしぶとく生き残るのが主人公の主人公たる所以だとは思いますがね。

estar.jp

キャラクターデザインがこの一年で大きく変化しています。体格ではなく髪型が。それが正しいのかは判りませんが。

構想について。

書きたい作品のアイディアはいくつかあるけれど、それを実際に書き出そうとするとどうしてもやる気が起きない。

プロットを書く段階でストーリー構成に詰まってしまうというか、律儀にあらすじとかから書き出そうとするからなのかもしれん。

キャラクターとストーリーの方向性だけが決まっていれば準備段階で詳細なストーリーをかっちり決めてしまうのは僕のやり方にそぐわないのだろうか?

そういえば専門学校に通って漫画の描き方を習っていたけれど、プロットを細かく決めることはしていなかったなあ。いくつかの台詞と少々の説明と。その後に直接ネームで構成を調整していたから。

世界観がはっきり決まっていたからかもしれないけれど、あ、いや、その時はまだ決まっていなかったっけ? 小説作品の「RebirthI」の原型になる「危険地帯」を書いた時も世界設定をあまり決めずに初稿を書き出していったなあ。結局リライトしているけれど。「RebirthI」はつまり三度目の書き直しなんだけれども、そこでやっと世界観が固まっていったように思える。

現在新しいシリーズを書こうと画策しているところ。どこで発表しようか迷っているところ。まあ世界観は「リバーシ」と繋がっているんだけどね……。

運が良いのではなく悪運が強い。

基本的に努力が嫌い、努力を強いられるのがさらに嫌い、深刻なレベルのソリストである僕は努力を努力と感じない生き方を好んでいる。

その結果が精神障害なんだから救いがないとか思う訳ではなく、むしろこれから一人で生きていくための下地が整ったという感じ。

どんなルートを辿ったとしても結果が同じなら過程はそれほど重視しなくてもいいんじゃないかな? 

手段ってある程度限られているよね。

何の事かって、音楽を投稿してもMIDIファイルに異常が出て掲載できない状態が続いてんですよ。

J研っつーサイトのことです。Dominoで作成したファイルのドラムトラックが別の音色で再生されるってどういうことよ。変換の仕方に問題があるんじゃねえのかと疑ってしまうくらいに投稿の意欲が削がれていくんですよ? 仕方ないのでMP3に変換して投稿しましたがね、これで駄目だとか言われたら投稿辞めようかなとか思うんですよ。実際その変換もかなり試行錯誤繰り返しましたしね。あるブログやら質問サイトやらでみたiTunesでの変換は出来なかったし、仕方なく別のソフトで変換するもなぜか出来上がったファイルにストリングスの音が入って居なかったり。苛々して小説の方の更新が遅れるし、厄日か?

まあいいや、とりあえず作曲自体は続けますがね。

j-ken.com

やりたいことはたくさんある。

趣味の範囲内ではあるけれど、やってみたい事はかなりある。

それを、頭の中に有るものをどのように成形していくのかが、悩みどころ。

しかしそのためには環境を整えることも必要。必要なものをどうやって揃えるか。

働けって話なのだけど、必要ないものを熱心に取り組む理由がない。ニートの言い訳か。必要でないものをいかにして排除するか。そこが一番の悩みだったりする。

www.pixiv.net